銀魂のコミック

銀魂についての情報

史実では黒船が来訪した幕末の日本。そんな日本の江戸に黒船ではなく、銀魂のコミックは宇宙人がやってきたという歴史から物語は始まる。

 

そんな宇宙人は天の人と書いてあまんと、と呼ばれ、あっという間に江戸や地球を侵略した。

 

天人と幕末を駆け抜けた攘夷志士たちが、起こした戦争は約20年という長い期間に及んだのだった。

 

戦争から約20年後の江戸の街で、父の道場復興のためにフリーターとして働く志村新八は一人の侍と出逢った。

 

それが、江戸のかぶき町で万事屋を営む・坂田銀時である。

 

銀時の魂に真の武士道を垣間見た新八は、万事屋で働くことを決意する。それから夜兎の血を引く神楽と狗神である大型犬の定春が万事屋へと集結。

 

万事屋銀ちゃんで、江戸に起こるすったもんだの大事件へ首を突っ込んでいく事になる。

 

コミックはとてもおすすめできるので、是非読んでください。スマートフォンコミックでも配信しているので、今すぐにでも読むことが可能です。

 

スマートフォンコミックの配信サイト

更新履歴